2016年10月4日火曜日

冷蔵庫を修理したばっかりだけど、憧れの冷蔵庫を引き寄せてしまいました


どうも abeちゃんです


昨日の記事の続きです

壊れた冷蔵庫を修理してもらって三日も経たないうちに

夫に「ヤマダ電機デート」に誘われました。

出たよ 物欲オバケ…


息子たちは実家にお泊まり中だったので 夫婦でふらっと出かけました

土曜の閉店間際の店内はお客さんもまばらで すぐに店員さんがやってきました

「冷蔵庫をお探しですか?」と聞かれ 「ええ まぁ」と私たち

買う気ゼロなんだけど 聞かれるがままに条件を伝えました

色は白で 450リットル前後 真ん中野菜室 奥行きが浅くて背が低いタイプ

今使ってる冷蔵庫が使いやすいので 次も同じようなモノが欲しいのです


条件にぴったり合う冷蔵庫はなく それに近いモノも白色は売り切れ

冷蔵庫って案外売れるモノなんですね


いろいろ見せてもらって楽しんで勉強にもなったし帰ろうかなというタイミングで

「Jコンセプトはやっぱり置いてないんですね?」と夫が言い出しました

「ここら辺だと名古屋にしか展示されていないんです すごくいいですよね!

私もわざわざ名古屋まで見にいきました!」

店員さんは興奮気味に教えてくれました


「Jコンセプト」とは 私たち夫婦の憧れの冷蔵庫のことです

絹豆腐か角砂糖のような美しさ…

発売当初は30万円代 2年経った今でも20万円代 完全なる予算オーバー

ところが店員さんはゴリ押しモード

「省エネ フルオープン デザインも良いし ナノイーで野菜室のラップ不要

微冷凍でお肉の解凍不要 そのまま包丁で切れちゃって ドリップも出ないんです!

そして何より奥さまご希望の真ん中野菜室ですよ!値引き可能か確認してきますね!」

頼んでもいないのに確認に走る店員さん


結果 値引きは可能だったけど 微々たるものでした

夫はまだ未練があるのか その場を去ろうとはしません

私はといえば 相変わらず冷蔵庫のごとく冷めた目で夫を見つめるのみ

別にいらないんだもん 家の冷蔵庫 修理したからあと1〜2年は使えるでしょ


夫が帰ろうとしないので言いました

「そこそこのランクでいいし そもそも今の使えるから無理して買う必要ないし」

ところがですよ それが店員さんを激アツモードに変えてしまったのです

店員さんは「もう一度確認してきます」と言って走り去りました


そしたら驚くべきことに ありえないぐらい値下がりしたのです

夫がふわふわし始めました

「すでに生産が終了しているので 在庫がなくなったら終わりです!」

店員さんはすかさずたたみ掛けてきます


またそのうちいい商品が出てくるよ〜とも思ったんですけど

Jコンセプトのような商品が再び世に出てくる保証はないし

出てきたとしても高額でしょうね きっと

必要だと思ったタイミングで白色が手に入るとも限らない そういう想像はつきます

夫が「いつ買うの? 今でしょ!」と言わんばかりに私を見つめます

いつの間にか2対1になっており 私が折れました


会計の際ずっと 店員さんは申し訳なさそうな顔で

しきりに「なんだか無理言ってすみません…」と謝罪モード


「店員さん あなたね そもそも買う気なんてなかった客に

20万超の冷蔵庫を買わせるのに成功しちゃって

今夜のビールはさぞかし美味しいでしょうね 」とは言いませんでしたけどね

「いいんです 新しい冷蔵庫 楽しみです!」と言いました 本心で


夫には「グッジョブ!!」と言われました

「いいわいいわ 今日じゃなくていいわ」という姿勢が良かったらしいです

冷蔵庫修理したばっかりなんだから 修理に立ち会った私としてはそう言いますわな

店員さんは あわよくば買って欲しい どうせなら高い方を売りたいですもんね

かなり頑張って値引きしていただけました

これほど必死に接客&値引きしてくれるのは珍しいらしいです

すいている土曜の夜遅くに行ったのが功を奏しました

全ては夫の計画通りだったのかな…


冷蔵庫の搬入は2週間後です

念願の白い冷蔵庫! キッチンが真っ白になって 統一感でるなぁ 

憧れのJコンセプトを手に入れてしまうなんて 引きが強いなぁ

いや クジで当てたわけじゃないですよ

我が家の口座から 大金が吹っ飛んでいきます

年越せるかしら…


ブログの更新楽しみにしてるよ〜って方はクリックしてくださると嬉しいです★

0 件のコメント:

コメントを投稿