2016年6月2日木曜日

捨てそびれていた携帯電話を携帯ショップへ サヨナラのしかたがむごする


どうも abeちゃんです

画面にヒビの入った携帯電話
解約済みのモノで今は使っていません

使ってないものが家の中に存在していたなんて…

私のプライドはズタズタよ…


すぐさま携帯ショップに持って行きました

面倒な手続きなく引き取ってもらえました と言いたいところですが

セキリュティ対策として携帯に穴を開けるのを見届ける必要がありました


美人店員さんは何やら重たそうな機械を持ち出してきて 携帯をセットしました

レバーを動かすとすごい勢いで太い釘が飛び出してきて 携帯は串刺しに

店員さんによってとどめをさされました


なんだか拷問みたいで直視できなかった

もっとちゃんとお別れしとけばよかった


時を共にした相棒に穴を開けられるのはいい気がしませんね

串刺しが嫌だからといって熱湯に入れられるのも嫌だし

もうちょっとソフトなやり方ってないんですかね

「abeさんここのデータの部分 食べちゃってください」

って言われるのが精神的に一番楽かな 無理だけど


今使っている携帯を壊さないように 慎重に使おうと思います

白い携帯が手垢で黒くなるまで!


モノを処分する際に手間やお金がかかった 苦労した 悩んだ

そんな経験をしたことありませんか?

処分する時や使わなくなった時のことを考えて

買い物ができるようになると良いですね。

それだけのことで 浪費が減り 暮らしもスマートになるかもしれません

ついでにウエストもくびれたら最高なんだけどね


応援クリックよろしくね
⇩⇩⇩
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ

0 件のコメント:

コメントを投稿